Loading

人生100年!

こんにちは!長田です。
 今回は日経新聞のより、

『「人生100年時代」~事業シフト探る~』
の記事をピックアップします!記事の内容を抜粋し、以下にまとめました。

◎現実味をおびてきた「人生100年時代」を見据え、消費者ニーズを探る動きが出てきた。超長寿が当たり前になれば、人々が求める商品やサービスも大きく変わるそんな変化をにらんだ「事業シフト」の模索が始まりつつある

 
●ある美容外科診療科の患者は、31%60歳以上、70歳以上も14%を占める。今後は100歳までのアンチエイジングの需要が伸びるとも見られている。
 
●厚生労働省によると16年の日本人の平均寿命は女性87歳、男性80歳。女性が4年連続、男性は5年連続で過去最高を更新。女性は、4人に1人が95歳まで、男性は4人に1人が90歳まで生きる。医療の発展で健康な人も増え、生活を謳歌する人も増えている。
 
100歳まで生きることも珍しくない。統計を取り始めた1963年は153人だったが、17年は約68000人。国立社会保障・人口問題研究所の推計では50年には50万人を超える。

 ●超長寿に備えて学び直したい人にむけた取り組みも出てきた。「仕事をしながら学び直す需要が高まっている」ために、早稲田大学は10月から「WASEDA NEO」という会員制ラウンジを開設した。最先端のビジネス動向を学び、他分野のリーダーと交流できる拠点だ。
●寿命が延びれば住む場所の確保も不安になる。マンション管理を手掛ける業者は、施工業者らと「100年マンション研究会」を開催。修繕セミナーなどを開き、高齢化への対応を探ると同時に「安心して長く暮らせる物件をつくりたい」とも。

 ●神奈川県は「人生100年時代の設計図」を掲げ、セミナーやシンポジウムを開催し、中高年の起業などを後押ししている。政府も首相が議長を務める「人生100年時代構想会議」を9月に発足させた。

 ●英経済学者リンダ・グラットン氏は、著書「ライフ・シフト」の中で、日本で14年に生まれた子どもの半数は109歳まで生きるとの推計を紹介している。そんな時代に生きる人たちのニーズをすくい上げる動きが広がりそうだ。

――――――――――――――――――――――――――――――――
とのことでした。

いよいよ「人生100!」という言葉が定着しそうな記事でした。


 寿命が長くなればなるほど、ライフスタイルを多様化していくのではないでしょうか。

 人生が100年もあるとやれることも多くなっていいですね!ですが、長生きすればするほど、その分の備えも必要ですね。

関連記事

  1. 今後の日本予想!世帯数動向!
  2. 平均寿命より健康寿命!!
  3. 医師の半数が健康保険に危機感を持っている理由とは?
  4. 少子高齢化だけじゃない!!【後期】高齢化!!
  5. 少子高齢化だけじゃない!!【後期】高齢化!! 
PAGE TOP