menu

奨学金制度が変わる!

奨学金制度が変わる!

今回は6月3日の日経新聞より、

『変わる国の奨学金制度~「給付」新設、「貸与」は見直し~』

という記事をピックアップします!記事の内容は以下になります。

 


 

2017年度に、国の奨学金が変わりました。

返済が必要な「貸与型」に加え、返済不要の「給付型」を新設しました。

貸与型も無利子のタイプを中心に改正されました。給付型の対象人数は2万人。

住民税非課税世帯の子どもが主体で、「十分に満足できる高い学習成績」など学力や資質の基準があります。

金額は、進学先と通学形態の組み合わせで異なり、

国公立大・自宅通学は、月2万、私立大・自宅外通学で同4万となっています。

 

また貸与型には、「無利子の1種」と「有利子の2種」があります。

2017年度に1種の制度が見直しされ、金額のパターンも増やし、細かな設定で利用しやすくしました。

卒業後の返済は、毎月決まった額を返す「定額返済」だけでしたが

所得に応じて、返済額が変わる「所得連動返還」も導入しました。

 

貸与型は必要な金額を利用することが重要であり、借りすぎに注意する必要があります。

返済義務を負うのは、子供なので、安易に利用すれば卒業後に返済に苦労することもあります。

また、国以外に大学、自治体、企業財団などが独自に実施する奨学金もあります。

 


 

教育費で最もかかる大学費用について、奨学金を利用することは一つの手ですが、奨学金は、借入と同じです。

社会人になると支払が家計を圧迫することもあります。

 

実際、私も1種と2種を併用して借りていましたが、今となって奨学金の返済が痛手となっています。

私の個人的な意見としては、借りないで済むなら借りない方が一番です。

ただ今回新設された、給付型奨学金で助かる家庭は、多いと思います。

重要なことは、事前にライフプランをたてて、必要となるお金を把握し、その資金を準備することが大切ですね。

 

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-7
新宿内野ビルⅡ7F
TEL. 03-3353-2401  FAX. 03-3353-2402

ご相談無料
ご相談・お問い合わせはこちらから
※オンライン面談も受付中!

03-3353-2401

メールでお問い合わせ