menu

【金小売価格、過去最高】『株式』と『金』の関係性

【金小売価格、過去最高】『株式』と『金』の関係性

金小売価格が40年ぶり最高値

投資として、根強い人気のある「金」。

そんな金が、40年ぶりに最高値を更新しました。

 

金小売価格が40年ぶり最高値

金価格の指標となる田中貴金属工業の小売価格が週明け13日、1グラム当たり前週末比32円高の6513円を付け、40年ぶりの最高値更新となった。

参照:©一般社団法人共同通信社

 

2020年4月17日現在、田中貴金属工業の発表では、6561円とさらに上がっています。

 

 

過去5年は、4500〜4900円を上下していましたが、

2019年7月頃に5000円を超えてから、右肩上がりに小売価格が上昇しています。

 

◆なぜ金の価格が上がったのか?

それは、「株価が暴落した」と言うことが大きい要因だと考えらます。

詳細は後ほど記します。

 

◆金の特徴とは

金は、「安全資産」と言われています。

その理由としては、金は鉱物なので金の量には限りがあり、価値が無くならないと言われいます。

また、金の資産価値は、世界共通です。

その為、経済・政治リスクがあると金は買われる傾向にあります。

 

 

◆株価と金価格の関係性

株価と金価格は、反比例すると言われています。

株価が下がると、安全資産の金に資金が流れ、金の価値が上がる。

株価が上がると、株式に資金が流れる為に、金の価値は上がらない。

と言うことです。

※この考えは、あくまでも一般論であり、必ずしも反比例する訳ではありません。

 

つまり、今回の金の価格の上昇は、

コロナウィルスの影響により、株価が暴落したことによって、金の価格は上がったと考えらます。

しかも、今回は、歴史的な暴落です。

それにより、より安全資産である金への資金流出につながったと推察されます。

 

<NYダウ平均>

<日経平均>

 

◆『金』の使い方

今回の影響によって、純金投資などに興味を持った人もいるかと思います。

しかし、金は、安全資産ですが、元本保証がある訳ではありません。

また、配当や利息などもありません。

 

資産形成に重要なことは、リスク分散です。

何かひとつの資産を持つのではなく、いくつか資産を分けましょう。と言うことです。

例えば、攻めの資産(株式)と守りの資産(金・現金)を保有することで、リスク度を下げることができます。

 

投資に『絶対』はありません。

だからこそ、「金」のような安全資産は、リスク分散のひとつの投資方法として、

保有することが好ましいかと思います。

 

金に限らす、金融商品にはそれぞれ特徴があります。

まずは、その特徴をしっかり把握することが大切ですね。

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-7
新宿内野ビルⅡ7F
TEL. 03-3353-2401  FAX. 03-3353-2402

ご相談無料
ご相談・お問い合わせはこちらから
※オンライン面談も受付中!

03-3353-2401

メールでお問い合わせ